家庭用脱毛器で脱毛し、毛がない状態になればそれで終わりというものではありません。
脱毛サロンなどでケアを受けた場合、施術の後は専門のスタッフがアフターケアもきちんと行ってくれますが、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛ケアを行った場合、当然アフターケアも自分で行う必要があります。
まず、ケアで最も重要となのは「保湿」です。家庭用脱毛器を使って脱毛した後の肌は、通常の状態に比べかなり過敏な状態になっており、肌そのものも乾燥しています。
そのため、脱毛を行った後はとにかくしっかりと保湿をすることが大切です。
保湿の方法としては、通常のスキンケアで使うような化粧水などを使う方法の他に、保湿クリームを使うという方法も効果的です。
美白系の保湿クリームを使うことで、色素沈着などの肌トラブルを防ぐこともできます。また、保湿する方法としてはこの他にも美容加湿器を使うというものもあります。
保湿と共に重要となるのが肌の冷却です。
光脱毛の場合は、肌にはほとんど熱を持たない状態ではあるものの、それでも冷却をしなくても良いというわけではないのです。
そして意外に忘れられがちなのが、「必要以上に触らない」という点です。脱毛ケアを終えた後の肌というのは、とにかくデリケートな状態になっています。ケアが終わると肌がツルツルの状態になっていますので、ついつい触ってみたくなるものですが、それでもむやみやたらと触ったりせずに肌の状態が落ち着くのを待ちましょう。
せっかく脱毛器を使ってきれいな状態になったのですから、こうした点にしっかりと気をつけて、肌の状態を整えておきたいところです。
エピナードは【エステ級の脱毛】を実現した最新の光脱毛器です。